nikikai_logo_550_01.gif



    印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



ご予約・お問い合せ電話番号はこちら  
TEL:011-251-2220 

ホワイトニング作業550.png

01ホワイトニングについて570.png


歯科において、「ホワイトニング」は審美歯科の一分野であり、広い意味では「歯を白くすること」全てを指します。歯のクリーニング、白い材料での詰め物や被せ物もこれに当たります。現在よく使われている「ホワイトニング」という言葉は、「歯牙漂白」のことを指すのが一般的ですが、このコーナーでは広い意味での「ホワイトニング」について説明します。


02あなたの気になる歯はどんなタイプ?570.png


1)前歯・奥歯ともに全体的に変色しているタイプ

 a) 個人差、加齢変化

  • 一般的に、歯の色が正常範囲内でも、人によってはとても気になる場合があります。また、歯は年をとると誰でも少しずつ黄ばんだり、黒ずんだりします。


 b) 生えた時から永久歯の色が悪い

  • 永久歯が体の中で作られ始めるのは、あなたが生まれた瞬間です。それから約6歳になるまで大きな病気をしたり、ある種の薬を飲んだりすると、変色した歯が生えてくる場合があります。

2)ムシ歯や、以前治療した歯の色が悪いタイプ

 a) ムシ歯になっている

  • ムシ歯は一般的に黒っぽく見えますが、初期のムシ歯では、歯の表面が溶け出して濁することもあります。


 b) 神経を取った歯の色が変わってきた

  • 歯の神経を取ると、経年的に歯の色は黄ばんだり黒ずんだりしていきます。


 c) 被せてある歯や詰め物が黄色い、またはその境目が黒い

  • レジン(歯科用のプラスチック)の冠や詰め物は、経年的に黄色くなります。境目はムシ歯になれば黒っぽくなります。

3)汚れが付いているタイプ

 a) 歯の表面にススのような汚れがついている。

  • お茶、コーヒー、カレーなど色の濃い飲食物をよく食べる人に多く見られます。歯磨き粉を使わない歯ブラシの習慣がある人にも多く見られます。


 b) 歯にヤニがついている。

  • たばこを吸う習慣がある人は、前歯の裏側や歯の間が黒くなります。


 c) 歯石がついている。

  • 歯石は歯と歯の間や歯の付け根に付き、黄、茶、黒などの色をしています。


▲ページトップへ



03歯を白くするにはどんな方法があるの?570.png


1)削らずに色だけを変える方法

 a) ポリッシング(着色除去・研磨)

  • 歯の色が気になる場合は、まず最初に行う処置です。いわゆる歯の汚れ落としです。これだけでもかなりきれいになることがありますが、それでも満足されない場合は、ほかの方法を試すことになります。

01ホワイトニング.jpg


 b) ホワイトニング(漂白・ブリーチング)

  • 歯を削らずに色だけを変える方法です。以下の2つの方法があります。
  • 保険は適用できませんが、(生活歯)神経が生きている歯も、削らずに
  • 白くすることができます。



  ●ホームホワイトニング

  •  自宅で行う方法で、当院で最もよく行われており、多くの患者さんに満足していただいています。マウスピースの内面にホワイトニング剤を塗布し、上の歯や下の歯に装着して行う方法です。たくさんの歯の色が気になっている場合に適しています。期間は平均で1ヶ月で、料金は上の歯と下の歯それぞれ初回のみ¥32,400です。その後は2週間おきにチェックを行いその都度処置料が¥540かかります。追加のホワイトニング剤は1本(約2週間分)¥1,620です。

03ホワイトニング.jpg

  ●オフィスホワイトニング

  •  診療室で行う方法です。変色した歯の本数が少ない場合に適しています。歯にホワイトニング剤を塗り、光をあてる処置を1週間に1回行います。歯の変色の度合いに応じて3回~6回行います。料金は初回に歯1本あたり¥10,800、2回目以降は歯1本あたり処置料が¥1,080かかります。

02ホワイトニング.jpg

  • どちらの方法でも歯の色は徐々に後戻りしていきますので、効果を持続させたい場合は反復した処置が必要です。この方法はすべての歯に適応するわけではないので、担当医にご相談ください。



2)かぶせたり、詰めたりして治す方法

a) 冠をかぶせる方法

  • レジン(歯科用のプラスチック)を使った白い冠は、材料の性質上、数年以上経過すると変色してしまいます。一般には被せ直してきれいなものと交換します。セラミックスを使った白い冠は変色しません。

04ホワイトニング.jpg


b) プラスチックの詰め物をする方法

  • 小さなムシ歯は、レジンを詰めて治します。前歯によく使われます。

05ホワイトニング.jpg


c) 金属の詰め物を白い詰め物に変える方法

  • 奥歯の金属の詰め物は、今ではハイブリッド・セラミックスという強化プラスチックのおかげで、すり減りにくいきれいな修復ができるようになりました。下顎の歯の噛み合わせの面など、よく見えるところには最適です。

06ホワイトニング.jpg

  • セラミックス、ハイブリッド・セラミックスなどの白い材料で作られた歯は、歯ぎしりの有無や噛み合わせの状態によっては、欠けることがあります。全てのケースに万能という訳ではないので、担当医と相談されることをおすすめします。